矯正治療を始めるにあたって、患者さんからの質問で多いのが 「治療中の痛みはどんな感じですか?」というものです。

アライナー(マウスピース)を使ったインビザライン矯正は少しずつ決まった範囲で歯を動かしていく ため、ワイヤー矯正に比べると痛みが少ないと言われています。

とはいえ歯を動かしていくために、ある程度の力を歯にかけていくので痛みが全くないというわけではなく、痛みの強さや感じ方も様々。

そのため一概に絶対に痛みを感じない、痛みを感じるとは言えません。

ただ、インビザラインの矯正では痛みを感じるポイントがいくつかあるので詳しくご説明していきます!

①初めてアライナー(マウスピース)を装着したとき

今日からいよいよ治療がスタート!と初めてアライナーを装着した際には、締めつけ感のような痛みが出る患者さんも多いです。それまで全く歯を動かしたことのない、矯正をする前の歯は根の部分がしっかりと顎の骨に埋まっているため、アライナーを装着して力がかかることで痛みを感じることがあります。

Q.痛みはいつまで続くの?

A.痛みは矯正装置を付けてから3~6時間ほどで始まり、およそ36時間後がピーク。 その後、徐々に痛みは減り、1週間もすれば治まります。

Q.なぜ痛みが出るの?

A.少し専門的なお話になりますが、矯正器具により歯が骨に押し付けられると、歯の周囲にある歯根膜は正常な状態に戻ろうとします。この際、細胞の働きにより押し付けられた側の骨が溶け、反対側には骨が形成されます。矯正では、人間が持つこの働きを利用して歯を動かしていくのです。 この仕組みの中で、骨が溶ける際に痛みを感じさせる物質が分泌され、歯が動く際に痛みを感じるの はそのためです。

Q.痛みが強い時はどう過ごせばいい?

A.歯が動くことによる痛みを感じている間は、食事の際にも咀嚼することで痛みを感じることがあります。とくに硬いものは、痛くて噛めないこともあるかもしれません。痛みが治まるまでの数日~1 週間程度は、おかゆやスープなどの柔らかい、歯にやさしい食事がおすすめです。

②新しいアライナー(マウスピース)に交換したとき

インビザライン矯正では、一つのアライナーにつき一定期間の装着を行い、決められた日数をこなすと次の新しいアライナーに交換を繰り返すことで歯を並べていきます。

新しいアライナーは、歯の並びを変えていくために過去のアライナーと比べると形状が少し変化しているため、動かしたい部分に力がかかることで痛みを感じることがあります。

しかし、ある程度治療に慣れてくると患者さん自身も痛みに強くなったり、慣れてくることもあって痛みが小さかったり、全く感じなかったということも!

その時点で使用しているアライナーがどこをメインに動かしているのか、どの程度動かしているのかにもよって痛みの感じ方が違う場合もあります。

③長時間装着を忘れたとき

長時間アライナーを装着しないことにより、歯が元の位置に戻ろうと後戻りを起こしてしまいます。

後戻りを起こしている範囲が多いほど痛みは強くなるので、決められた時間しっかりとアライナーを装着し、スムーズに治療を進めましょう!

最後に…

ここまで痛みについてお話させていただきましたが、インビザライン矯正には

・一枚のアライナーで歯を動かす量が決まっているので、過度に大きな力が歯に加わることがない

・ワイヤーやブラケットなどの装置に比べて器具との摩擦も少ないため、粘膜に当たったりワイヤーが飛び出して刺さるといった心配や緊急性がない

・お食事時に外すことができ、歯磨きもしやすく歯のクリーニングもいつも通りしっかり受けられる

などといったメリットがあります。

治療中の痛みなど、不安なことがあればお気軽にご相談ください。