大阪・心斎橋で 「マウスピース型カスタムメイド矯正歯科装置」 (製品名インビザライン 完成物薬機法対象外) 専門の矯正歯科クリニック

日本矯正歯科学会 認定医&指導医
心斎橋駅より徒歩5分

院長 増岡尚哉

院長
増岡 尚哉
NAOYA MASUOKA

歯学博士 日本矯正歯科学会 認定医、指導医

広島大学歯学部、愛知学院大学 大学院歯学研究科を卒業後、日本矯正歯科学会 指導医として、15年にわたり若手の指導を行ってきました。
現在は大学教育を離れ、現在、エムアンドアソシエイツ(M&Associates)グループで矯正歯科治療を行う傍ら、マウスピース型カスタムメイド矯正歯科装置(製品名インビザライン 完成物薬機法対象外)の講師として歯科医師向けに講義・講演活動をしています。

詳しくはこちらから

APACアドバイザリーボードミーティング

APACアドバイザリーボードミーティングでの様子。(シンガポール)

マウスピース型矯正装置による矯正治療についての講演

歯科医師向け講演の一幕。全国でマウスピース型矯正の講演を数多く行っています。(東京:虎ノ門ヒルズにて:2018年)

ラスベガス学会

海外での学会にも精力的に参加し、知識のアップデートをしています。(ラスベガス:2016年)

海外の先生方とも積極的に交流

海外のすぐれた先生方と積極的に交流し、情報交換しています。

「鏡を見るのが楽しくなるようになりました。」

矯正治療を終えたとき、最も多い患者さんの感想です。
しかし、矯正治療をするにあたってデメリットもあります。

マウスピース型装置に
ついて紹介About Mouthpiece

インビザライン

マウスピース型装置は、個々のひとに合わせたオーダーメイドの矯正装置となります。

オーダーメイド(特別注文)された矯正装置は、1人1人の歯の形、治療計画に合わせて装置を設計し、製作します。これまでの矯正装置はレディメイド、つまり大量生産された既製品のブラケットを矯正医が患者さんに上手く合わせていく治療でした。

オーダーメイドの医療機器は、医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律(薬機法)で医療機器に該当しないとされています。つまり、マウスピース型矯正装置における治療の治療結果は、担当する歯科医師の力量に左右されます。

マウスピース型矯正治療は、いままでよりも高度な機器を用いて治療を行う新しい方法なのです。しかし、それらの機器がを治療の質を担保するわけではありません。歯科医師の力によって、それらの機器が素晴らしい治療結果をもたらしくれることもあれば、残念な結果に終わってしまうこともあります。最新の矯正治療のメリットがある一方で、トラブルがあった時のことも考えて、治療を進めるかどうか決めることが大事です。矯正治療の専門的な知識、経験を十分に持った歯科医師に相談することをおすすめします。

  • 1“医療機器”としては未だ未承認ですが、材質の認可は下りています。
  • 2米国ではアメリカ食品医薬局が“医療機器”としても認可が下りています。

医院紹介About Clinic

医院紹介

心斎橋MA矯正歯科へのアクセス、診療時間、休診日など、医院の基本情報や院内の写真をご紹介いたします。

心斎橋MA矯正歯科の医院情報はこちらから
ドクター

ドクター紹介Introduce Dr.

心斎橋MA矯正歯科では、日本矯正歯科学会の認定医が担当いたします。

費用・支払い方法Treatment Fee

費用・お支払い方法

マウスピース型矯正装置(インビザライン)の治療費をご説明します。
治療医の支払いは、頭金0円や月々1万円以下の分割支払いもできます。

費用・支払い方法について詳しくはこちらから

初回カウンセリングFirst Counseling for FREE

診察室

初回カウンセリングでは、お悩みやご要望をお伺いした後、お口の中を拝見いたします。「何ができるか? どうなれるか? 治療方法は? 費用は?」など具体的に詳しくご説明いたします。

初回カウンセリングの内容はこちらから
待合室
診察室
院内
診察台
Googleマップで表示

ページ上部へ戻る