「矯正治療前や矯正治療中にむし歯が見つかった場合どうすればいいですか?」

患者さんからよくある質問のひとつです。

矯正治療開始前にむし歯がある場合

基本的には治療が終わってからの矯正スタートになります。

むし歯の大きさやどのような治療方法を選択するかにより、                 どのタイミングでむし歯治療をするか決定する必要があります。

矯正治療中にむし歯が見つかった場合

矯正治療中でもむし歯治療が必要となります。

従来のワイヤー矯正の場合、装置によってむし歯治療が難しくなる為、一時的に矯正装置を外してむし歯治療を行う場合がございます。

また、矯正装置に汚れや食べカスが残りやすく、歯磨きも難しくなります。

一方、マウスピース型矯正装置を使った矯正治療の場合、装置が取り外し可能な為、むし歯の治療も比較的スムーズに行うことができます。

ただし、むし歯治療をして歯の形が変わってしまい矯正装置がしっかりと入らなくなってしまった場合、治療後に新たにマウスピースを作り治す可能性があります。

むし歯にならないために

むし歯予防には丁寧な歯磨きが効果的です。マウスピース型矯正装置を使った矯正治療の場合、歯の表面についた突起(アタッチメント)やゴムかけの器具の周りは汚れが溜まりやすくなります。

歯並びがデコボコしている箇所は通常の歯ブラシの他にワンタフトブラシもオススメです。歯と歯の間にも汚れが溜まりやすくなるので、デンタルフロスや歯間ブラシの使用も併せてオススメしています。

また甘い物の摂取を控えること、ダラダラ食べをしないこと、食べたらすぐに歯磨きをすることも大切です。