マウスピース型矯正装置インビザラインのトラブル&リスク

治療中に起こりうるトラブルTroubles of Invisalign

マウスピース型装置(インビザライン)による矯正治療中に起こりうるトラブルについて、ケース毎にご説明いたします。以下に含まれないケース、または、どうしても不安という方は医院までご連絡いただければと思います。

Q1. マウスピース型装置(インビザライン)がちゃんとはまっていない気がするのですが大丈夫ですか?

フィット感に関する不安は、マウスピース型装置(インビザライン)で治療中の患者さんより、最も多く問い合わせをいただく質問の1つです。特に、治療開始直後は、治療に慣れていないこともあり不安に思うようです。大抵の場合は大丈夫ですのでご安心ください。もし、不安が解消されないようでしたら、お気軽に医院までお問い合わせください。

インビザライン

Q2. マウスピースが変形していると思うのですが、大丈夫でしょうか?

マウスピースは患者さんにお渡しする前に、チェックしていますので大丈夫です。実際につけてみると、しっかりとフィットします。付けてみて違和感があれば、医院までご連絡をお願いいたします。

インビザライン

Q3. アタッチメントが外れてしまったのですが、どうしたら良いですか?

アタッチメントは自然に外れてしまうものです。そもそも矯正治療が終わった後にアタッチメントは歯から外すものですので、簡単に取れるぐらいのものです。

次回の来院の予約があると思います。それまでマウスピース型装置をそのまま使用し、予約通りにご来院ください。

インビザライン

Q4. アタッチメントが外れてしまったのですが、どうしたら良いですか?

装置(マウスピース)を付けた直後は、先端が尖っているので痛みを感じます。ほとんどの方がそのように感じます。装置がすれる痛みはすぐに治まります。

Q5. リンガルボタンが外れてしまいましたが、どうしたら良いでしょうか?

様々な理由により、そのようなことが起きる可能性があります。その場合、予約を前倒ししてご来院いただくか、応急処置をしていただいています。写真のように、ハサミで切れ目を入れてひっかけてください。不安でしたら、ご自身のお口の中をメールまたはLINEにてお送りください。適切なアドバイスをさせていただきます。

インビザライン

マウスピース型装置(インビザライン)による矯正におけるリスクRisk of Invisalign

1. 虫歯に罹患するリスク

部活動をしている中学生、高校生が、マウスピース型装置をつけながらスポーツドリンクを飲むことがあります。スポーツドリンクは糖分を多く含んでいますので、マウスピース型装置を付けたままスポーツドリンクを飲むと虫歯になる可能性がありますので、水やお茶を飲むか、または装置を外して飲むようにお願いいたします。

2. フィットしなくなるリスク(治療が進まない)

マウスピース型装置は、清潔に保つために洗浄することが大切です。洗浄していない方はアタッチメントの周りが汚れてきます。汚れが付いたままですとフィットが悪くなり、計画通りに歯が動かなくなりやすいです。治療期間が伸びないように、しっかりと洗浄することが大切です。

3. 歯を削りすぎてします

マウスピース型装置(インビザライン)による矯正では、IPRと呼ばれる歯を削る工程を行うことがあります。歯を削る量を間違いないようにしないと歯の寿命を縮めることに繋がってしまいます。
*IPRはエナメル質内で0.5㎜以内であれば大丈夫とされています。

*参考論文
Dental Health assessed more than 10 years after interproximal enamel education of mandibular anterior teeth. Zachrisson BU, Nyoygaard L, Mobarak K. 2007
Dental Health assessed after interproximal enamel reduction: caries risk in posterior teeth. Zachrisson BU, Minister L, Ograard B, Birkhed D. 2011

Googleマップで表示

ページ上部へ戻る