マウスピース型矯正装置インビザラインの流れ

マウスピース型装置(インビザライン)による治療の流れFlow of Invisalign

01. 歯型の採取

歯並びをどのようにして並べていくのかシュミレーションするために、現在の歯並びを3Dデータとして再現するために歯型を採得します。

歯型の採得する方法は2つあります。*当院では光学スキャナーによる採得のみ行っております。

1. 印象材による採得

目安2週間(アメリカに郵送するため)

2. 光学スキャナーによる採得

当日(デジタルデータのため瞬時に送ることが可能)

02. クリンチェックによるシュミレーション

クリンチェックと呼ばれる専用のソフトウェア上で歯の移動をシュミレーションし、治療計画を立てます。

どのように歯を動かし、どのくらいの期間で矯正治療を行うかは患者様によって全く異なりますのでその患者様専用のクリンチェック治療計画を何度も作り直しながら検討して作成します。

03. マウスピース型装置(インビザライン)の発注

クリンチェックによる治療計画の作成が終わると、治療工程に応じた様々な形の(約10~80個の)マウスピース型装置(インビザライン)を米国の工場に発注します。発注はクリンチェック上で行われ、データとして送信されます。

画像提供 ©アラインテクノロジー社

04. マウスピース型装置(インビザライン)の作製

クリニックより送られた電子データを元に米国の工場でマウスピース型装置が作られます。

目安2週間(アメリカから郵送するため)

画像提供 ©アラインテクノロジー社

05. マウスピース型装置(インビザライン)がクリニックに到着

患者さま一人ひとりの治療計画に合わせたマウスピース型装置がアメリカから到着すると、いよいよ矯正治療がスタートします。

06. 治療スタート

患者さまにはクリニックにご来院いただき、マウスピースの取り扱い説明など行い、お渡しします。

マウスピースの交換は(個人差がありますが)7日〜14日に一度。また、治療が終わるまでに、1~3か月に一度クリニックに来院し、治療が順調に進んでいるかをドクターが確認します。

当院の
インビザラインの
流れについてよくある質問

  • Qマウスピース型装置による矯正を始めるまでにどのくらいの日数がかかりますか?

    最短で1か月。平均すると2か月程度で治療をスタートすることができます。

  • Qとにかく早く始めたいのですが、光学スキャナーがあった方が良いのでしょうか?また、デメリットはあるでしょうか?

    上記の流れで説明した通り、光学スキャナーを使った方が治療を早く始めることができます。光学スキャナーによるメリットは、この他に、マウスピース型装置の実現精度が上がり、治療期間の短縮にもつながります。基本的に、デメリットはありません。

  • Qマウスピース型装置(インビザライン)を使った矯正は、通常の矯正治療に比べて治療期間は長い?または短い?

    基本的には変わりません。ただし、マウスピース型装置による矯正の場合はクリニックへの来院頻度が1~3か月に一度です。従来の矯正治療は1か月に一度ですので、クリニックに通院する回数が少なく、患者さまの負担が減ります。

この他、何か質問ありましたら、お気軽にお問い合わせください。

Googleマップで表示

ページ上部へ戻る