マウスピース型矯正装置インビザラインとは?

マウスピース型矯正装置(インビザライン)とはAbout Invisalign

歯並びをきれいにする矯正に使う専用のマウスピースです。
スポーツ用に使用するマウスピースなど他のマウスピースとは材質などが異なります。

インビザライン

他のマウスピースとの違いDifference with other mouthpieces

一概にマウスピースと言っても、以下のように、さまざまな種類があります。
歯列矯正用のマウスピースは、他のマウスピースとは、用途、素材、性質など全く異なるものです。

一般的な呼称 用途
① スプリント療法 歯ぎしり、食いしばり
② マウスガード(スポーツ用) 外傷を予防
③ マウスピース型装置による矯正 歯並びを治す(歯列矯正)

その他の装置との比較Comparison with other devices

歯列矯正におけるマウスピース型装置と金属ブラケットなどとの比較

マウスピース型装置による矯正

費用(相場)85~100万円

メリット
  • 装置が目立たない
  • 装置を取って食事・歯磨きができる
デメリット
  • 失敗することがある

ブラケット矯正

費用(相場)70~85万円

メリット
  • 価格帯が最も低い
デメリット
  • 装置が目立つので恥ずかしい

ブラケット矯正(裏側装置)

費用(相場)100~120万円

メリット
  • 装置がまったく見えない
デメリット
  • 費用が高い
  • しゃべりづらい

矯正用マウスピース装置の装着時のイメージWearing the mouthpiece

左がマウスピース型装置(インビザライン)を装着している状態。右側がブラケットを装着している状態です。

装着時のイメージ

マウスピース型装置による矯正の治療期間Treatment period of correction

マウスピース型装置(インビザライン)の治療期間は、(個人差がありますが)1.5~2.5年です。その間、4~6週に一度通院します。治療期間を短くしたい方には、オプションになりますが光加速補助装置を使うことも可能です。

装着時のイメージ

失敗する可能性についてPossibility of failure

マウスピース型装置による矯正(インビザライン)が失敗する可能性

マウスピース型装置による矯正(インビザライン)についてインターネットで調べていると「失敗」という文字をよく見かけます。“マウスピース型装置による矯正(インビザライン)は失敗しやすいの?”と疑問に思う方もいらっしゃるかも知れません。

実際、消費者センターには多くの相談が寄せられているという事実があり、各業界団体も注意喚起を行っており、また以下のような声もあがっています。

  • 「マウスピース型装置の矯正をスタートして、何年も経ったのに一向に歯並びがきれいに並ばない」
  • 「以前は噛めていたのに、噛めなくなった」

マウスピース型装置による矯正(インビザライン)は、歯科医師の“技術”&“経験”が大きく寄与します。しかし、皆さんがこれらを判断するのは難しいと思いますので、数字化した指標が以下に示します。①~④を満たしていれば失敗する可能性は非常に低いといえます。

症例数 経験年数
インビザラインについて ① 年間30症例以上 ② 3年以上
矯正治療について ③ 生涯400症例以上 ④ 10年以上

4つすべてを満たしていないとダメなのか?といえば、そうではありません。参考程度までにしていただければと思います。

安全性(薬機法)についてPharmaceuticals and Medical Devices Law

マウスピース型装置による矯正(インビザライン)の安全性(薬機法)

マウスピース型装置は、個々のひとに合わせたオーダーメイドの矯正装置となります。

オーダーメイド(特別注文)された矯正装置は、1人1人の歯の形、治療計画に合わせて装置を設計し、製作します。これまでの矯正装置はレディメイド、つまり大量生産された既製品のブラケットを矯正医が患者さんに上手く合わせていく治療でした。

オーダーメイドの医療機器は、医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律(薬機法)で医療機器に該当しないとされています。つまり、マウスピース型矯正装置における治療の治療結果は、担当する歯科医師の力量に左右されます。

マウスピース型矯正治療は、いままでよりも高度な機器を用いて治療を行う新しい方法なのです。しかし、それらの機器がを治療の質を担保するわけではありません。歯科医師の力によって、それらの機器が素晴らしい治療結果をもたらしくれることもあれば、残念な結果に終わってしまうこともあります。最新の矯正治療のメリットがある一方で、トラブルがあった時のことも考えて、治療を進めるかどうか決めることが大事です。矯正治療の専門的な知識、経験を十分に持った歯科医師に相談することをおすすめします。

  • 1“医療機器”としては未だ未承認ですが、材質の認可は下りています。
  • 2米国ではアメリカ食品医薬局が“医療機器”としても認可が下りています。
Googleマップで表示

ページ上部へ戻る